物販ビジネスを始める前に準備しなきゃいけない5つのこと

今回の記事では、物販ビジネスに挑戦する時に最初にやるべきことをまとめています。

物販ビジネスを始めようと決意したものの、何から手をつければ良いか分からない人は是非この記事を参考にしてください。

物販ビジネスの流れ

まずは物販ビジネスの流れについておさらいしておきましょう。順番に説明していきます。

① 販売できる準備を行う

この後、順を追って説明します。

② リサーチをする

どんな商品が売れているのかをリサーチします。

販売するECモール別にリサーチ方法は異なります。

③ 仕入れをする

売れていて利益の取れそうな商品を実際に購入(=仕入れ)します。

仕入れ方法については、「ネットで仕入れる」/「実店舗で仕入れる」の大きく分けて2つです。

仕入れができないと物販ビジネスとして成立しないので、ここが肝心な部分です。

④ 検品をする

特に中古品を取り扱う場合は必須です。商品の外観や状態、動作確認、付属品の有無などをチェックします。

⑤ 出品をする

検品まで終わればいよいよ出品です。販売先によって出品方法が異なりますので、別記事で各販売先の出品方法を紹介します。

出品が終われば、売れるまで待ちます。

⑥ 受注したら箱詰めして出荷する

商品が売れたことを「受注」と言います。スピーディーにお客様へ商品を配送しましょう。

⑦ 売上金を銀行口座で受け取る

売れておしまいじゃなく、売上金がちゃんと銀行口座に振り込まれるまでが一連の流れです。

この②〜⑦の流れを、継続して行うのが物販ビジネスの流れと理解しましょう。

ビジネスの流れをきちんと理解しておく

販売できる準備を行う

さあ今日からリサーチだ!と言っても、事前にいくつか準備が必要になります。

【事前に準備するもの】

1、クレジットカードを準備する

2、銀行口座を準備する

3、メールアドレスを準備する

4、電話番号を準備する

5、資材・備品を準備する

1、クレジットカードを準備する

物販ビジネスでは、仕入れを行う際にクレジットカードを用います。

また、多くの販売先サイトではクレジットカードの登録が必要になりますので、可能であれば、物販ビジネス用のクレジットカードを作成しましょう。

既にお持ちの方はそちらを転用していただいて構いませんが、生活費決済用のクレジットカードとは分けておいた方が管理しやすいです。

2、銀行口座を準備する

売上金の受け取り、クレジットカードの引き落とし、経費の引き落としなど、物販ビジネスを運営するために必須になります。

既に銀行口座をお持ちであれば、そちらを転用していただいて構いませんが、それぞれの用途別に銀行口座を分けた方が管理しやすいです。

3、メールアドレスを準備する

販売先サイトに必ずと言って良いほど登録しなければいけないので、プライベートな連絡とは別にフリーのメールアドレスを準備しておきましょう。

GoogleやYahoo!のフリーメールで問題ありません。

4、電話番号を準備する

昨今、セキュリティ強化の一環で「2段階認証」という仕組みが増えてきました。

IDとパスワードに加えて、自分の携帯電話番号に送られるショートメッセージを入力しなければログインができないという仕組みです。

とはいえ、携帯電話を2台保有するのは経済的にハードルが高いと思いますので、今使用されている携帯電話で十分です。

お客様から直接お電話をいただくこともあるので、どうしても電話応対は避けたい場合は、IP電話番号(050-から始まる番号)を別途取得するのも良いでしょう。

ログイン時の2段階認証は自分の携帯電話番号にしておいて、お客様へ開示する電話番号は、IP電話番号を設定するイメージです。

いくつかサービスを紹介しますので、ご自身で必要に応じてご検討ください。

5、資材・備品を準備する

資材・備品も最低限揃えておきましょう。

  • セロハンテープ(台座付きがオススメ)
  • ガムテープ(透明、クラフト、布タイプどれでもOK)
  • カッター(100均でOK)
  • ハサミ(100均でOK)
  • 段ボール(スーパーやホームセンターで無料で入手可能)
  • 緩衝材(1ロールあれば十分)

段ボールや緩衝材は、ネットで仕入れた時に同梱されている物を流用することで経費削減できます。

また、Amazonで販売する場合のみ、以下備品も必要です。

FBAの仕組みについては、別の記事で紹介します。

ここまで準備ができれば、いよいよ販売先でアカウントを取得して、物販ビジネスのスタートです。

アカウントの取得方法については、別記事で紹介していきます。

いかがでしたでしょうか?

コメント欄でご意見・ご質問お待ちしています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

YouTube